MEO対策の基本

MEO対策とは?ローカルSEOで上位を目指すための5ステップについて解説

【MEO対策とは】ローカルSEOで上位を目指す

「MEO対策ってどのような対策なのだろう…」

このように思ったことはないでしょうか。

マーケティング施策として、SEO対策やリスティング広告などはご存知かもしれません。しかし「マーケティング」と一言で表現してもその幅は広く、業種や目的に合わせて施策を分けることが大切なのです。

MEO対策とは、マップエンジン最適化のこと。地図検索をした際に、お店を上位表示させるため必要なマーケティング方法なのです。

この記事ではMEO対策について、メリットや仕組みを解説するのでぜひご参考ください。

MEO対策とはマップエンジン最適化のこと

MEO対策とはマップエンジン最適化のこと

MEO(Map Engine Optimization)とは、マップエンジン最適化のことです。

Googleマップの店舗情報は、オーナーなどが登録した「Googleビジネス」の情報が反映されています。そのためGoogleマップで検索上位を獲得するのであれば、Googleマイビジネスの登録情報を最適化することが必要なのです。

MEO対策を理解する上で、「ローカル検索」と「Googleマイビジネス」について理解しましょう。まずはMEOと両者の関係性について、以下で解説をします。

ローカル検索結果との関係性

ローカル検索とは、地域や場所に関する検索キーワードに対して店舗情報が検索結果に表示される仕組みのことです。この仕組みで表示されたものを「ローカル検索結果」と言います。

そのため、ローカル検索結果の表示内容は地域によって異なることを覚えておきましょう。

例えば以下は、「東京都渋谷区」で「カフェ」と検索した場合の結果です。同じキーワードである「カフェ」を沖縄県や北海道で実施すると、検索結果は異なるのです。

恵比寿の「カフェ」検索結果

+ ローカル検索結果についての詳細

ローカル検索結果に関して、地域によって表示が異なることは前述しました。

これはGoogleのアルゴリズムによるもので、「ヴェニスアップデート」が深く関係しています。このアルゴリズムによって、ユーザーの位置情報を検索結果に反映することが特徴です。

なぜユーザーの位置情報によって検索結果を変更するのか、それは、ユーザーにとっての利便性が高くなるからです。

活動地域の周辺情報をそのまま検索結果に反映する方が、求める情報にすぐにアクセスできるというわけですね。

下記3つの要素によって、ローカル検索結果が決定しています。

  • 検索キーワードとの関連性
  • 検索ユーザーとの距離
  • 知名度

検索キーワードとの関連性が強ければ、少し距離が遠くても検索結果に表示される可能性は十分あります。そのため、ローカル検索の仕組みを理解してMEO対策を行うことで、集客につなげることができるでしょう。

Googleマイビジネスとの関係性

MEO対策を行うためには、Googleマイビジネスへの登録が必須です。なぜなら、Googleマイビジネスに登録したビジネス情報が、ローカル検索結果に反映されるからです。

そのため、MEO対策を行なって検索結果に上位表示させたい場合は、まずGoogleマイビジネスに登録してみましょう。

Googleマップには、Googleマイビジネスの下記内容が反映されます。

  • ビジネス名
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • ホームページ

MEO対策を行う背景は

MEO対策を行う背景

MEO対策を行う理由としては、主に以下3つの要因があります。

  1. モバイル検索するユーザーが増えている
  2. ポータルサイトへの掲載料増加
  3. SEOで上位表示させる難易度が上がっている

Googleマイビジネスに登録しただけではMEO対策にならないため、きちんと情報の最適化を行う必要があることを意識しましょう。

モバイル検索するユーザーが増えている

モバイル検索するユーザーが増えている

PCでの検索と、スマートフォンでモバイル検索をする人の割合は、2015年の時点でモバイル検索の割合が50%を超えています。スマートフォンを使って手軽に「検索」ができるようになったことから、近隣のショッピングセンターや企業、店舗などをいつでも調べられるようになったのです。

もちろん、いまでもスマートフォンなどのモバイル端末を使った検索方法の需要は伸びており、モバイル端末でのファーストビューを最適化することも、集客に必要な要因となるのです。

ポータルサイトへの掲載料増加

ポータルサイトへの掲載料増加

店舗への集客をする方法として、例えば飲食店だと「食べログ」などのポータルサイトを活用する手段もあります。確かにポータルサイトを使うことで、効率よく店舗への集客ができるでしょう。

しかし、利用するには掲載料がかかってしまします。長期的に掲載をするのであれば、もちろんコストがかかってしまうのは当然です。

一方で、MEO対策は無料で行うことができます。

一部、順位チェックツールなどの利用にはコストがかかりますが、MEO対策を行うためのGoogleマイビジネス登録~運用は無料なのです。

SEOで上位表示させる難易度が上がっている

SEOで上位表示させる難易度が上がっている

SEO対策を行う業者も増え、さらにGoogleのアップデートによってSEO対策によるコンテンツの上位表示が難しくなっています。一方でMEO対策はライバル企業も少なく、業者に依頼するにせよコストを抑えて集客につなげることができるのです。

また、SEO対策と比べて効果が出るスピードが速いことも特徴の一つ。

実店舗を運営している場合、圧倒的にMEO対策を行なった方が集客できるということですね。

MEO対策を行うメリット

MEO対策を行うメリット

MEO対策を行うメリットを一言で表すと、店舗の売上増加です。

とはいえ、これだけでは具体性に欠けるため、MEO対策を行うメリットについて3つ、以下にてご紹介します。

  • SEO対策より上位表示されやすい
  • MEOキーワードは検索意図が明確
  • 低コストで対策可能

+ 得られる効果をみる!

MEO対策を行うメリットは上記の通りです。

また、それにより得られる効果を以下でご紹介しするので合わせて参考にしてみてください。

MEO対策で得られる3つの効果

  • お問い合わせ電話の増加
  • 来店数の増加
  • ビジネス情報を詳細に提供

SEO対策より上位表示されやすい

Google検索をする際に、「地域名×〇〇」という検索方法をしたことはないでしょうか。

これはユーザーにとって、特定の地域に絞って検索をしたいという意図がはっきりとしているため、Googleの検索結果もニーズに沿った表示をするということです。

例えば以下の画像のように、地名とローカルキーワードで検索することで、SEOで上位にあるコンテンツよりも一番上に表示されるのです。

「恵比寿 カフェ」の検索結果

ローカルパックの機能やメリットは、別記事をご参考ください。

MEOキーワードは検索意図が明確

MEOキーワードはユーザーの検索意図がはっきりとしているため、検索後のアクションに繋がりやすいことが特徴です。例えば、「恵比寿×カフェ」や「渋谷×レストラン」などが挙げられます。

MEO対策を行う際は、このように「地域名×業種名」の検索キーワードで上位表示を目指すことが多いです。

先ほどご紹介した「恵比寿×カフェ」のユーザーニーズは”恵比寿でカフェを探している人”なので、上位表示している気になる店に、この後行く可能性が非常に高いというわけなのです。

低コストで対策可能

MEO対策を行うこと自体は、無料です。前述した通り、Googleマイビジネスへの登録と必要情報の入力をするのみ。

そのため広告費をかけることなく、集客ができるのです。

もし順位チェックツールを導入したりMEO業者に依頼したりするのせよ、SEO対策にかかるコストと比べると、低コストで対策できるため費用対効果が高いことが特徴的。

そのためローカルビジネスをしている方にとって、MEO対策は非常におすすめなのです。

MEO対策の費用対効果や詳しい効果はこちらの記事をご参考ください。

 

ハイパフォーマンスのMEO対策会社をご紹介

また、業者に依頼する場合も低コストだと嬉しいのではないでしょうか?

「さーぷらいず株式会社」なら、低コストで上位にずーと居続ける口コミ対策、キーワード対策を行います。

安いMEO業者

今だけ、MEO対策の裏話教えちゃいますよ!

 

 

では、ここからは実際にどのようにすればMEOの順位が上がるかについて、解説していきたいと思います。

マップ検索で上位表示される仕組み解説

上記の図は、Googleマップで上位表示されるために重視されている内容をグラフ化したものです。

以下で、どのような項目が重要か順にまとめます。

  1. Googleマイビジネスのシグナル(近接度、カテゴリー、ビジネスタイトルのキーワードなど)
  2. リンクシグナル(インバウンドアンカーテキスト、リンクドメインオーソリティ、リンクドメイン数など)
  3. レビューシグナル(レビュー量、レビュー速度、レビューの多様性など)
  4. オンページ シグナル(NAP の存在、タイトルのキーワード、ドメイン オーソリティなど)
  5. 引用シグナル(IYP/アグリゲーター NAP 一貫性、引用量など)
  6. 行動シグナル(クリックスルー率、携帯電話のクリック数、チェックインなど)
  7. パーソナライズ
  8. ソーシャルシグナル(Google エンゲージメント、Facebook エンゲージメント、Twitter エンゲージメントなど)

一番重要な要因となるのが、「Googleマイビジネス」です。

必要情報をしっかりと入力し、口コミ対策などの運用を行うことが大切ということですね。また、前述した下記の項目も上位表示の要因です。

  • 検索キーワードとの関連性
  • 検索ユーザーとの距離
  • 知名度

MEO対策で上位表示させるための5ステップ

MEO対策で上位表示させる

MEO対策で、店舗情報を上位表示させるためには以下5つの手順が大切になります。

  1. Googleマイビジネスへの登録
  2. 店舗情報やNAP情報を整える
  3. 店舗情報を積極的に発信
  4. 口コミ増加やサイテーションを集める
  5. 順位チェックツールでの分析や改善

それぞれ具体的にご紹介していくので、今後MEO対策を行いたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.Googleマイビジネスへの登録

まずはGoogleマイビジネスに登録をしましょう。

登録をしないと先へ進めないため、MEO対策にはGoogleマイビジネスの登録は必須です。Googleマイビジネス登録時に意識すべきポイントについては、別記事をご参考ください。

2.店舗情報やNAP情報を整える

Googleマイビジネスへの登録が出来たら、店舗情報の入力やNAP情報を整えましょう。

NAP情報とは、店舗情報の中で以下の情報を表しています。

  • Name(店舗名)
  • Address(住所)
  • Phone(電話)

これらを、Google以外に登録している情報も統一させることが大事です。なぜなら、知名度が上がった際にNAP情報が統一されていないと、Googleが別のビジネスと判断してしまう可能性があるからです。

せっかくお店の口コミや知名度が上がっても、Googleの評価が分散されてしまっては意味がありません。

住所はビル名の有無を確認し、番地など細かい部分も統一させましょう。

3.店舗情報を積極的に発信

店舗情報を積極的に発信することで、お店が認知されるようになります。特にメニューや営業時間などは細かく入力し、お店をアピールすることが重要なのです。

Googleマイビジネスの投稿機能(「最新情報」「イベント」「特典」「商品」)を活用して、ビジネス情報を発信していきましょう。

+ 投稿機能の詳細

最新情報

汎用的な投稿を行うことができ、掲載期間が1週間。こまめに情報を投稿していくことが大事。

イベント

イベントを開催する際に使用する投稿機能。セール情報などの告知にも活用できる。

特典

セールやクーポンなどの情報を宣伝する投稿。開始および終了日時を設定して店舗のアピール効果を高める。

商品

特定の商品を宣伝するための投稿。新しい商品などを積極的に宣伝できる。

4.口コミ増加やサイテーションを集める

口コミ増加やサイテーションの仕組み

キーワード検索をして上位表示しやすいコンテンツは、店舗の口コミやサイテーションが比較的多いです。なぜかというと、評価の高い口コミ、口コミ数によってGoogleから評価されるからです。

また「サイテーション」とは、SNSや検索エンジンなどでコンテンツが言及されること。

例えばお店や会社名について検索されたり、コンテンツの一部を他コンテンツで引用されたりすることを指します。

良質な口コミは、新規顧客の獲得にもつながることを覚えておくと良いでしょう。

5.順位チェックツールでの分析や改善

この手順は、さらにMEO対策を加速させたい方は必須の内容です。

MEO対策は、Googleマイビジネスの運用のみで行うことができることは前述しました。しかも無料で運用可能。

とはいえ、細かな分析を行うのであれば「順位チェックツール」の導入がおすすめ。

例えば「MEOチェキ」などの有名ツールがあり、これらのツールを活用することで、地域別や時間別での検索順位の確認を行うことができるのです。

詳しくはMEO対策の順位チェックツール比較9選でご紹介しているため、自分でMEO対策をしたい方はぜひ参考にしてみてください。

MEO対策で集客効果を実感しよう

MEO対策で集客効果を実感

おさらいとして、MEO(Map Engine Optimization)とはマップエンジン最適化のこと。

SEO対策を比較して、MEO対策は非常に効果的です。店舗ビジネスを行う場合は、MEO対策を行い集客数を増やしていきましょう。

MEO対策を行っている企業はまだ少なく、今後も需要が高まることが予想されるため、ぜひ取り組んでみてくださいね。

MEO対策をこれから始める担当者の方へ

 

当社では、皆さまが「公平な業者選定」ができるよう、MEO対策を外注する際のチェックリストを用意させていただいております。

また外注をするまでもなく「自社だけでMEO攻略ができるケース」もございますので 同封の「自社のMEO対策診断シート」を使ってご確認くださいませ。

 

【全55項目】 MEOチェックシートをDLする!

 

-MEO対策の基本
-, ,

© 2022 MEO対策のココだけ by さーぷらいず株式会社