MEO対策の基本

ローカルパックとは?機能・メリット・活用の方法を解説します

ローカルパックとは

Googleマップでの集客に関わる用語の「ローカルパック」をご存じでしょうか?

ローカルパックという言葉自体を聞くのは初めてかもしれませんが、Google検索を行ったことがある人なら必ず目にしたことがあるものです。

本記事では、ローカルパックに関する基礎知識から、MEO対策を行う方向けにローカルパック表示のメリットと上手な利用の仕方を解説します。

 

ローカルパックとは?

ローカルパックとは

ローカルパックとは、Googleで「地域名×キーワード」「近くの〇〇」と調べた際、検索結果(SERP)に表示される情報ボックスのこと。

検索クエリと最も関連性の高いビジネス情報が地域性と紐づいて、ユーザーに提供されるのが特徴的な機能です。

デスクトップから検索すると、下のように3つの店舗情報が写真とともに表示されます。

「恵比寿 カフェ」の検索結果のローカルパック

ユーザーからすると、求める情報がおすすめの3択に絞られていて、地域別で目的地を選ぶのにとても便利な判断材料ですよね。

ローカルパックを見るユーザーというのは、来店動機のあるユーザーですから、ビジネスオーナーからすれば認知度向上だけでなく、高い集客効果が見込めるチャンスです。

 

ローカルパックには3種類ある

ローカルパックは、検索されるビジネスの種類(カテゴリ)によって表示形式が異なります。

  1. 通常のローカルパック
  2. ABCパック/ブランドパック
  3. ティーザーパック

 

通常のローカルパック

病院などの通常のビジネスで検索すると、下の画像のようなローカルパックが出てきます。

通常のローカルパック「恵比寿 ジム」

評価や口コミ、ウェブサイト、地点までのルートなど、来店客にとって必要な情報だけが洗練されて表示されます。

(なお、上の例では一番上に広告のビジネス情報が表示されています)

 

ABCパック/ブランドパック

全ての店舗でサービスの質が均一化されているビジネス(チェーン店)に対して表示されるのが、【ABCパック/ブランドパック】(以下ABCパック)です。

ABCパックでは、各店舗ごとの口コミや評価、カテゴリが表示されないのが特徴的。

「スターバックス」の検索結果のローカルパック

ABCパックで提供される情報はウェブサイトやルート、営業時間等などに絞られています。

 

ティーザーパック

ティーザーパック(別名:ローカルティーザー、スナックパック)では、視覚情報が重要なビジネスに対して適用されます。

ティーザーパックでは店舗の評価やサービスの属性、料理の写真がボックスに表示され、ユーザーが直感的に情報を判断できる仕様になっています。

「近くのピザ屋」の検索結果のティーザーパック

3種類の異なるローカルパックで表示を使い分けることで、Googleは検索クエリに対してニーズを満たす情報提供を行っているのです。

 

ローカルパックに準じる2つの機能

ローカル3パックを見ただけでは情報収集に満足できなかったユーザーのために、その先の機能も備わっています。

  1. ローカルファインダー
  2. ナレッジパネル

 

ローカルファインダー

検索クエリに対する店舗表示が3つ以上ある場合、ローカルパックの下に「すべて表示」のボタンが出てきます。

ローカルファインダーの説明

「すべて表示」を選択すると、3パック以降の店舗リストがマップの左側に表示されます。

ローカルファインダーの説明

ローカルファインダーは、時間指定をして営業している店舗を探すこともできる便利な機能です。

ローカル3パックで理想の目的地を見つけられなかったユーザーは、ローカルファインダーを使ってさらに情報収取をします。

 

ナレッジパネル

ローカル3パック、もしくはローカルファインダーから気になる店舗を見つけたら、店舗名をクリックします。

すると、店舗の情報がまとめられた【ナレッジパネル】が表示されます。

ナレッジパネルの説明

ナレッジパネルから得られる情報によって、見込み顧客が来店してくれるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

そのため、Googleマイビジネスで顧客に向けたビジネスプロフィールの作成を徹底を行うことが大切です。

GMBのビジネスプロフィールの作成方法を知りたい方はこちら

 

ローカルパックに店舗を表示させるメリット

ローカルパック メリット

ローカルパックに自分のお店が表示されると、中小ビジネスや個人経営のオーナーさんには嬉しいメリットがあります。

見込み顧客の目に触れやすくなる

見込み顧客 目に触れる

ローカルパックは、店舗のある地域名、もしくは店舗所在地の近くにいる人に表示される仕組みになっています。

また、ローカルパックで自店を見るユーザーは、強い来店動機のあるユーザーである可能性が高いです。

3パックに自分のお店を表示させることができれば、ローカル検索や近所にいる人にビジネスの存在を認知してもらえ、その後の来店に繋がようになるわけです。

 

無料で大きな集客効果が見込める

無料で大きな集客が見込める

また、ローカルパックはGoogleマイビジネス(GMB)の情報が反映されるだけですから、掲載にお金がかかりません。

(ただし例外として、有料の広告表示オプションはあります)

純粋に店舗のリスティングのコンディションを整えておけば、直接お金をかけなくても、ローカル検索をした人に対して「おすすめ」とGoogleに太鼓判を押してもらえるでしょう。

Googleマイビジネス登録方法を知りたい方は解説記事をご覧ください!

 

ローカルパック表示にはGMB最適化が近道

最後に、無料でローカルパック表示を狙いたいオーナーさん向けのアドバイスをします。

ローカルパックに掲載される要素として、以下の三つが重要視されるといわれています。

  1. 検索クエリとの関連性
  2. 検索された位置情報との距離
  3. 知名度

ここからは、上の三つの条件を満たすための方法を解説していきます。

 

GMBの情報を充実させる

1つ目の「検索されたキーワードとの関連性」を高めるために、まずはGMBの情報を充実させることが大切です。

店舗に関する情報を、できるだけ多くビジネスプロフィールに入力します。

ローカルパックに入り込むとまでは行かなくても、必ずMEOには効果が現れてくるはずです。

 

適切な情報入力を行う

2つ目の「距離」に関しては、ユーザーの位置情報によって検索結果が異なりますから、どうにもならない部分ではあります。

ただし、店舗の住所や位置情報を正確に入力することや、サービスの提供範囲の設定を適切に行うことは、ある程度有効であると考えられるでしょう。

他にも、カテゴリ設定や店舗の属性によっても、ローカルの検索クエリに対するローカルパックが変わる可能性は十分ありますよ。

 

口コミを多く獲得する

3つ目の「知名度」に大きく関わるのが、口コミの質と量です。

良質な口コミがたくさんあればあるほど、Googleがビジネスの実態を把握しやすくなり、ユーザーにおすすめすべき店舗であるか判断する大きな材料の一つになります。

放っておいても口コミを投稿してくれる人はいますが、口コミを効率的に増やすための施策を講じることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

頻繁に投稿/更新を行う

GMBの情報を定期的に更新することは、Googleにとってアクティブなビジネスアカウントであると認識されやすく、ユーザーにもおすすめできると判断してもらえるようになるかもしれません。

おすすめは、店舗の写真を毎週1枚アップすることです。

もしくは、店舗でInstagramのアカウントを運用している場合は、Instagramの投稿が自動でGMBの投稿として反映されるシステムを導入するのが最も効率の良い手法ですよ。

InstagramとGMBの連携サービスを詳しく知りたい方はこちらの案内ページをご覧ください。

 

まとめ:困ったらプロに相談してみよう

ローカルパックに店舗が表示されると、地域性のある見込み顧客への認知度がグッと高まります。

検索クエリに対するおすすめ表示ですから、そのまま来店してくれる可能性は非常に高いです。

しかし、GMB最適化やその他の関連する要素を最適化させることで競合に勝つのはなかなか骨の折れるもの。

集客のためにどうしていいかわからない時は、ローカル検索の集客のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

MEO対策をこれから始める担当者の方へ

 

当社では、皆さまが「公平な業者選定」ができるよう、MEO対策を外注する際のチェックリストを用意させていただいております。

また外注をするまでもなく「自社だけでMEO攻略ができるケース」もございますので 同封の「自社のMEO対策診断シート」を使ってご確認くださいませ。

 

【全55項目】 MEOチェックシートをDLする!

 

-MEO対策の基本

© 2022 MEO対策のココだけ by さーぷらいず株式会社